「液晶ペンタブレット」のおススメ!!

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
276474

「液晶ペンタブレット」をおすすめ

 

"ペンタブ"と"液タブ"の大きな違いは操作方法。

 

●ペンタブは、ディスプレイを見ながら手元のタブレットでペン入力を行うため、多少の慣れが必要だ。

液タブはディスプレイへ直接ペン入力できるため、より直感的な入力操作が可能となる。

 

すでに液晶タブレットを使っている方には、

ワコムのOS搭載型液晶ペンタブレット「Cintiq Companion 2」シリーズがオススメ。

1、Windows 8.1またはWindows 8.1 Proを搭載し、外出先ではスケッチなどを描きとめるための高性能Windows8.1搭載タブレットとして、

2、自宅やスタジオでは手持ちのPCやMacに接続して13型液晶ペンタブレットとして、それぞれ使うことができる。

3、モデルは、CPU、GPU、ストレージ、メモリの違いにより「DTH-W1310T/K0」(Windows 8.1/64GB SSD)、「DTH-W1310E/K0」(Windows 8.1/128GB SSD)、「DTH-W1310P/K0」(Windows 8.1 Pro/256GB SSD)、「DTH-W1310H/K0」(Windows 8.1 Pro/512GB SSD)の全4種類を用意。

4、価格は19万2,240円(税込)より。外寸は幅374.1mm×奥行247.7mm×高さ17.0mm(グリップパッドを含む)、重さ約1.7kg。13.3型液晶パネルの表示サイズは293.76mm×165.24 mm(アスペクト比:16対9)、最大表示色/色域は1677万色(256階調)となっている。

⇒関西弁にゃんこスタンプを生んだクリエイターに「Cintiq Companion 2」の使い心地を試してもらった連載はこちら。

(マイナビニュース広告企画:提供 株式会社ワコム)


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ