マツコの知らない世界 オススメのスチーム式加湿器:三菱重工

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
622506

マツコの知らない世界 オススメの加湿器:三菱重工スチーム式

 

2015年1月20日(火)にTBSテレビ系列で放送された「マツコの知らない世界」のテーマは、「マツコの知らない加湿器の世界」で、「タイプ別おすすめの加湿器」が紹介されていました。今の時期、社会的に大流行をみせるのが風邪・インフルエンザ!

特にインフルエンザは、日本各地で「インフルエンザ警報」が発令されたりと、今の時期(1月・2月)が毎年感染のピークにあたります。


スポンサードリンク

 

  • インフルエンザは、患ってしまうと、高熱が出て体力的にきついものはもちろん、高齢者の方などは死に至る可能性もありますので、なんとか患うのを回避したいですよね。
  • インフルエンザ予防というか、インフルエンザのウイルスを撃退してくれるのが「湿気」。すなわち湿度をうまくコントロールすれば、インフルエンザ・風邪にかかりにくい環境を作ることができます
  • 湿度50%がインフルンザにかかりにくくなる湿度なんですが、何もせずにいると、今の時期の室内の湿度は20%ほどしかありません。こりゃいかん! ということで、活躍するのが「加湿器」です♪

 

加湿器の種類

 

加湿器には、超音波式、気化式、ハイブリッド式、スチーム式という、4つのタイプがあるんですが、番組内では、このタイプ別のメリット・デメリットに加えて、各タイプでおすすめの加湿器が紹介されていました!

加湿器のことを一から十までわかりやすくレクチャーしてくれたのは、家電ライターの藤山哲人さん。ガンダムをつくりたくて、ロボット工学の学校(日本工学院ロボット科)に入学してしまうという、崇高な理念・目標をお持ちの方です(笑)

私は現在、数年前に購入したシャープのハイブリット式の加湿器を使っています。何不自由なく毎日使っているんですが、番組内では魅力的な加湿器がたくさん紹介されていて、買い換えたくなりました(笑)。

以下、番組内で紹介されたおすすめの加湿器と、タイプ別のメリット・デメリットを簡単にまとめました。これから加湿器を買おうという方は、ぜひ参考にしてください♪

スチーム式加湿器のメリット・デメリット

 

<メリット>

・4つのタイプの中で、もっとも加湿力が強力。
・お手入れの頻度が少なくて済む(2か月に1回程度)。

 

<デメリット>

・電気代が高い。
・熱い湯気が出るため、幼児のいる家庭には不向き。

ずぼらな人にオススメなのが、スチーム式の加湿器です。

電気ポットと同じ要領で、お湯を沸かして湯気を出している形式なので、常に内側を煮沸消毒しているような感じ。なのでお手入れもほとんど必要がありません。お手入れが面倒という方におすすめです!ただ電気代が非常に高い(月額平均で1320円)ので、お値段との兼ね合いを考えて購入して下さい。

 

●スチーム式のオススメ:三菱重工SHE35LD

<オススメポイント>
・スチーム式なのに、蒸気が熱くない。
・スイッチを入れてから、わずか1分で加湿してくれる。
色んなスチーム式の加湿器がある中で、藤山さんがオススメするのが、三菱重工の「SHE35LD」です。

スチーム式は、「お湯を沸かす」ことで蒸気を放っているので、基本的に蒸気が出るまでに時間がかかってしまいます。しかし本商品は、スイッチを入れてから待つことわずか1分ほどで、蒸気が出てきます!

構造としては、中にある水分を一気に全部温めるのではなく、少量ずつ温めるので、スチーム式ながらわずか1分というスピードでの加湿が可能になっています。

しかも出てくる蒸気は熱くないので、幼児がいる家庭でも安全に使用できます!

デザインも黒を基調にしたシックな感じで、非常にクール♪ インテリアとしても、まったく違和感ありません。

強い加湿力と安全性を求めてる方にオススメの加湿器です!

三菱重工(MITSUBISHI)スチーム式加湿器 SHE35LD-K


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ