イーバランスROOMMATE 自家製クリスタルアイスメーカー EB-RM5800Gを発売!

目安時間:約 2分
782a2616eed54df862c857fc619eb46c_s

 イーバランスは、家庭用製氷機「ROOMMATE 自家製クリスタルアイスメーカー EB-RM5800G」を発売した。価格は39,800円(税込)。

約25分で氷が作れる家庭用製氷機。水道水でも、硬くて透きとおる氷が作れるという。見た目も涼しい透明な氷なため、ウィスキーなどを注いだり、そうめんや刺し身の下に敷くなど、料理のアクセントにも最適としている。私も冷蔵庫内の製氷機が壊れたので、 いつも購入しています。「自家製クリスタルアイスメーカー EB-RM5800G」は、これからの暑い夏は、とても重宝しますね!

 

ROOMMATE 自家製クリスタルアイスメーカー EB-RM5800G

 

  1. 氷のサイズは、「薄/厚」の2段階で調節可能。一度にできる氷の量は24個で、約25分で作れるという(3回目以降の製氷時)。氷貯蔵量は約1kg。水タンク容量は1.5L。氷が満タンのとき、もしくは水が不足するとブザー音で知らせてくれる。
  2. 製氷方法は、水道水を入れてサイズを選択し、電源ボタンを押すだけ。水タンクから水が製氷部を通り、冷やされて徐々に氷が作られていく。完成すると自動的に、氷バスケットに落とされていくという。
  3. 一度に作れる氷は24個.透きとおる氷が作れ、ウィスキーなどを楽しむときに最適としている
  4. そうめんなどを冷やすときにも使える。刺し身の下に敷いて、鮮度を保つ
  5. 本体サイズは、305×360×360mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約12.4kg。冷媒はR134a。冷却温度は-25℃。使用環境温度範囲は10℃~35℃。消費電力は195W。コード長は1.4m。運転音は64dB。氷バスケット、スコップ、排水栓などが付属する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック、イタ気持ち良い足裏マッサージを搭載したマッサージチェア「リアルプロ EP-MA97M」8月新発売!!

目安時間:約 3分
215950

 

パナソニックは、脚全体のマッサージを強化したマッサージチェア「リアルプロ EP-MA97M」を、8月1日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は50万円前後(税抜)。

 

同社の調査によると、約75%の女性が脚に疲れを感じていることがわかり、肩や腰に加えて、脚全体をほぐすマッサージが求められているという。

 

パナソニック、イタ気持ち良い足裏マッサージを搭載したマッサージチェア

 

パナソニック  マッサージチェア「リアルプロ EP-MA97M」ルクソールベージュ

  • 足裏マッサージを進化させたマッサージチェア。強力足裏ローラーを搭載しており、エアーバッグで足の甲を包み込みながら、ローラーで足裏を徹底的にほぐす。土踏まず部分には、25mmの突起が当たるようになり深部まで強く揉み込む。指の付け根は3つの突起部でさするようにほぐし、「イタ気持ちいい」揉み味を実現している。
  • EP-MA97Mでは、従来のふくらはぎや太もものマッサージ機能とあわせ、足裏ローラーを搭載することで、脚全体をしっかりほぐすとしている。

 

足裏マッサージを新搭載

  • 肩上やおしりマッサージ、温感もみ玉などを引き続き搭載。おなかまわりの「体幹」を大きくほぐすことで、さらに腰をラクにする「体幹ほぐし」コースも備える。
  • リクライニング時の本体サイズは、900×2,000×720mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約87kg。リクライニング角度は、背もたれが約120度~170度、脚のせ台が約5度~85度。消費電力は135W。本体カラーは、ルクソールベージュ、アイボリー、ブラックの3色。

 

◆他の機種として、足裏ローラーを省略し「足裏温感マッサージ」を搭載した「リアルプロ EP-MA87M」も同時に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は46万円前後(税抜)。

 

ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【タカラトミー】1,300のギャグやジョークを喋るギャグロボット8月に新発売!

目安時間:約 3分
442490

 

タカラトミーは、1,300のギャグを聞かせてくれる電波時計内蔵ロボット「爆・笑太郎(ばく・しょうたろう)」を8月6日に発売する。価格は5,800円(税抜)。

電波時計内蔵ロボット「爆・笑太郎」

 

タカラトミー、「お金はおっかねー」など1,300のギャグやジョークを喋るギャグロボット

 

頭のボタンを押すたびに「おやじギャグ」や「アメリカン・ジョーク」「なぞかけ」など、多彩なギャグを聞かせてくれるロボット。

  • 電波時計を内蔵しているため、年月日や時間に即した、その時々の季節や特別な日に合わせた旬なギャグを聞かせて、なごませてくれるという。例えば8日8日には「8月8日は笑いの日。笑顔とかけてお風呂上りと解く、その心は、ふくきます」、「メザシは、故郷を目指した」、「和尚が二人でお正月」、「敬老の日は家にへえろう」、「お金はおっかねー」など、1,300パターンのギャグを内蔵している。
  • 表情を変えながらギャグを連発。頭のボタンを押す以外には、毎日ぴったり正午になると時間を伝えつつギャグを言う目覚まし機能も搭載し、1日のはじまりを「ギャグ」で知らせてくれるという。さらに「ギャグボタン」を2回連打するとギャグを20連発し、放っておいても独り言でギャグをつぶやく。ごくまれにだが、暴走して奇妙なことを言うこともあるという。

 

毎日よく笑うお年寄りは健康状態が良好!

 

  • 東京大学大学院の近藤 尚己准教授の研究グループによれば、普段ほとんど笑っていないお年寄りが「自身の健康状態が良くない」と感じる割合は、毎日よく笑うお年寄りに比べて1.5倍以上高いことがわかったという。
  • こうした笑いと健康の相関関係に関する研究結果も踏まえ、同社は「子どもからシニアまで、幅広い世代に向けて、おもちゃを通して笑顔を提供していく」という。世代を超えて笑いを提供し、ユーザーを健康にしていくという高さ15.5cmのコンパクトサイズで、家のどこにでも置いておける
  • 本体サイズは、100×100×155mm(幅×奥行き×高さ)。電源は、単三形乾電池4本。対象年齢は6歳以上。

家電ニュース(2016/5/26 )より。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最大4カ所の見守り!!パナソニック、自宅の様子が確認できる「スマ@ホーム」用アプリが新発売!!

目安時間:約 2分
7398d2d4ea8bff330ef49b60137c80d9_s

 

パナソニックは、ホームネットワークシステム「スマ@ホーム システム」用のアプリ「ホームネットワーク」をアップデート。1台のスマートフォンでの、複数のシステムに登録できるようにした。アプリの利用料は無料。

 

最大4カ所の見守り!!パナソニック、自宅の様子が確認できる「スマ@ホーム」用アプリが新発売!!

(家電ニュース2016年6月2日 )

 

  1. これまで2つの「スマ@ホーム システム」を使うには、2台のスマートフォンが必要だった。今後は1台のスマートフォンで、複数のシステムに対応。例えば、自宅の子どもと実家の父母を、簡単に見守れる。
  2. 「スマ@ホーム システム」は、屋内/屋外の様子をスマートフォンで確認できる製品群。無線LANと接続する「ホームユニット」に、「屋外カメラ」や「屋内カメラ」、「開閉センサー」、「人感センサー」など、複数の対応機器をつなげて使う。
  3. これまで専用アプリ「ホームネットワーク」は、1つのホームユニットしか登録できなかったが、今回のアップデートで「ホームユニット複数登録(最大4台)」に対応。これにより、自宅と実家など最大4カ所に設置した「スマ@ホーム システム」が利用できる。

 

◆システムの中心となるホームユニット。今回のアップデートにより、1台のスマートフォンで最大4台のホームユニットが登録可能になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアや災害時に役立つAC・DC・USB出力対応のポータブル電源

目安時間:約 2分
c7c5dd3fdfd30f7f3d9cd4b5ff4a43e2_s

アウトドアや災害時に役立つAC・DC・USB出力対応のポータブル電源

 

アンカー・ジャパンは、アウトドアや緊急時に使用できるポータブル電源「Anker PowerHouse」を6月6日に発売する。直販価格は50,000円(税込)。

 

ポータブル電源「Anker PowerHouse」の特徴

 

  • AC・DC・USBの3種類の出力方式に対応したポータブル電源。
  • 4つの急速充電対応USBポートに加え、ACコンセントとDCシガーソケットからも接続機器が充電でき、スマートフォンやノートパソコン、照明、小型冷蔵庫に給電ができる。
  • 400Wh以上の容量を搭載しており、フル充電の目安は、USBポートからスマートフォンが約40回、ACコンセントからノートパソコンが約15回。またキャンピングライトは100時間、ミニ冷蔵庫は7時間、テレビは4時間の連続使用が可能で、アウトドアや災害時に役立つとしている。
  • 本体サイズは、200×145×65mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.3kg。容量は14.4V/434Wh。

 

◆なお本製品は、平成28年4月に発生した熊本地震被災地への災害用備品として、スマートサプライ(スマートサバイバープロジェクト運営)を通じて、100台無償提供される。

 

家電ニュース(2016/5/23 )より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ